2009年07月30日

評議体験、判決を身近に 小中学生が模擬裁判体験

評議体験、判決を身近に 小中学生が模擬裁判体験 栃木

 小中学生を対象とした裁判員裁判の模擬裁判が29日、宇都宮地裁で行われ、裁判員や検察官、弁護人役にふんした子供たちが、大人顔負けの白熱したやり取りを繰り広げながら、制度について学んだ。8月3日からは、東京地裁で全国初の裁判員裁判が開かれる。宇都宮地裁でも、対象となる事件の公判前整理手続きが進んでいる。裁判員制度は、いよいよ身近に迫ってきている。>>続きを読む

 今回の模擬裁判は、子供たちにも裁判員制度について理解を深めてもらおうと同地裁が主催。県内の小学3年から中学3年までの親子28組が参加し、模擬裁判のほか、法廷見学や裁判官らへの質疑応答などが行われた。

posted by gineiwindy at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。