2009年11月30日

覚せい剤依存症患者の入院先 一部の医療機関に偏る

覚せい剤依存症:患者の入院先 一部の医療機関に偏る

 薬物汚染が広がる中で、覚せい剤依存症の患者の入院先が一部の医療機関に偏っていることが、国立精神・神経センター(東京都小平市)の調査で分かった。薬物依存症治療の実績がある4施設に全国の患者の約1割が集中していた。こうした実態はこれまでほとんど明らかになっていなかった。再犯率が高い覚せい剤犯罪の背景には、医療の貧弱さがあるとみられ、専門家は薬物依存症に対する治療体制の整備が急務だと指摘している。【江刺正嘉】>>続きを読む

 薬物が広がってますが、こんな所にも影響が出てしまうんですかぁ〜

posted by gineiwindy at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

新型インフルで休校不要 米国

新型インフルで休校不要、米政府が指針

 【ワシントン=山田哲朗】米政府は、新型インフルエンザでは原則として学校を閉鎖する必要はないとする指針を発表した。

 米政府は4月、感染者が出た学校は2週間、閉鎖するとの方針を定め、700校以上が休校した。しかし、親が仕事に出かけられなかったり、昼食を食べられない子供が出たりするなど影響が予想以上に大きかった。>>続きを読む

 子供を商店街や図書館などに連れ出す家庭も多かったため効果は薄く、5月には「休校せず、感染者だけが7日間、登校しない」と指針を緩和したらしい。

posted by gineiwindy at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

新型インフル、流行収まらず

新型インフル、流行収まらず 感染者、4割以上が10代

 新型インフルエンザの国内感染者は26日までに5千人を突破、今月になって280人以上の感染が確認される日もあるなど、夏本番を迎えても終息に向かう気配はない。 >>続きを読む

 厚生労働省は「より多くの人に感染が広がっている可能性はある」と分析。秋以降の“第2波”が予想される中、同省は「もはや個別に事例を把握しても感染対策としての意味がない」として24日から感染者の全数把握を中止、集団発生の早期把握に重点を置く対応に切り替えたらしい。

posted by gineiwindy at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

高校生らカラオケボックスに列 インフル

【新型インフル】高校生らカラオケボックスに列 店長は困惑

 大阪、兵庫の多くの小中学校、高校などが休校になった18日、関西の繁華街では平日にもかかわらず、カラオケ店に高校生らが殺到。外出を控えるよう求められていたが、生徒らの本音は「家ではやることがない」。>>続きを読む

 家でやる事が無いとか本当に本音から思っている高校生に限って、いざ試験になれば赤点でしょ。未提出の課題でもやって、留年対策でもしてればいいのに。

posted by gineiwindy at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

72カ国にタミフル240万人分を無償供与開始

WHO、72カ国にタミフル240万人分を無償供与開始

 [ジュネーブ 5日 ロイター] 世界保健機関(WHO)は5日、メキシコを含む72カ国に向けて、抗ウイルス薬タミフル240万人分の無償供与を開始すると発表した。>>続きを読む

 スイス、米メリーランド州、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイを「3カ所のハブ」と位置づけ、タミフルを製造するスイスの医薬品大手ロシュ(ROG.VX: 株価, 企業情報, レポート)が数年前にWHOに提供した備蓄分から配布するらしい。

posted by gineiwindy at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

米国から帰国の40代女性はAソ連型

【新型インフル】米国から帰国の40代女性はAソ連型

 新型インフルエンザ問題で、厚生労働省は4日深夜、午後3時45分に米ロサンゼルスから成田空港に到着した旅客便に乗っていた40代の日本人女性が、インフルエンザの簡易検査でA型に陽性反応が出たと発表した。>>続きを読む

 航空便はアメリカン航空169便と日本航空5015便の共同運航便。女性はラスベガスに滞在していたという。体温は35度で熱はないが、のどの痛みやせきの症状があったらしい。

posted by gineiwindy at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

韓国でまた二次感染の疑い

韓国でまた二次感染の疑い、患者と同一機で帰国の女性

 【ソウル=浅野好春】新型インフルエンザで、韓国保健福祉家族省は3日、新たな感染疑いのある無職の韓国人女性(62)をソウル郊外の病院に隔離入院させたと発表した。>>続きを読む

 この女性は米国旅行後、2日に感染が確認された修道女(51)と同じ旅客機で4月26日に米ロサンゼルスから仁川(インチョン)空港に降りており、二次感染の可能性があるらしい。

posted by gineiwindy at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

豚インフル、欧州での死者発生を予想

豚インフル、欧州での死者発生を予想=欧州委幹部

 [ブリュッセル 29日 ロイター] 欧州委員会の幹部は29日、世界的な豚インフルエンザの感染拡大について、万全の対策を講じているが、欧州でも死者が出ることが予想されるとの認識を示した。>>続きを読む

 欧州委員会の厚生・消費者政策担当幹部、ロバート・マデリン氏は、ロイターに「死者が出るだろう。死者が出るかどうかではなく、何人の死者が出るかが問題だ。数百人になるのか、数千人になるのか、数万人になるのか」と発言したらしい。

posted by gineiwindy at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

ドナーから骨髄液を過剰採取

ドナーから骨髄液を過剰採取 国立がんセンター

 国立がんセンター中央病院(東京都中央区、土屋了介院長)で今月半ば、骨髄移植の提供者(ドナー)から誤って予定量より過剰に骨髄液を採取するミスがあったことが21日、分かった。提供者はすでに退院しており、健康に問題はないという。 >>続きを読む

 骨髄液を採取する際、予定量より400ミリリットル多くを採取したという。骨髄液は採取しすぎると貧血を起こすこともあるとされる。

posted by gineiwindy at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

脳動脈瘤手術めぐり、広島県に330万賠償命令

脳動脈瘤手術めぐり、広島県に330万賠償命令

 広島県立広島病院で受けた脳動脈瘤(りゅう)の手術後に左半身がまひしたとして、同県海田町の女性(44)が7200万円の賠償を求めた訴訟の判決で、広島地裁は26日、県に330万円の支払いを命じた。>>続きを読む

 能勢顕男裁判長は判決理由で、担当医について手術中の処置の過失や手術前の説明義務違反を一部認定したという。

 障害との因果関係は否定したが、「過失がなければ障害が残らなかった相当程度の可能性はあった」と指摘、精神的損害を認めた。

 病院側の誠意をもう少し見せれば良かったのでは・・・

posted by gineiwindy at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。